• 〒444-1213 愛知県安城市東端町貝戸2-1
  • お問い合わせ
    0566-41-0079

※ご予約はコチラ※

根管治療(歯の根の治療)

根管治療

konpon

虫歯が深く、歯の神経(歯髄)まで達しているような場合や、左の写真のように歯の根の先に膿が溜まってしまった場合、歯の根の治療(根管治療)が必要になります。根管治療の目的を一言で表すと、「歯の中にある感染源(細菌)を取り除く治療」と言えます。そこで大切になってくることは

  • ①滅菌された清潔な器具を使用すること
  • ②新たな感染源を歯の中に入れないこと
  • ③「見えない治療」をできるだけ「見える治療」にすることです。

①滅菌された清潔な器具

konpon2

歯科治療は根管治療に限らず、「細菌との戦い」です。虫歯や歯周病も感染症であることから、「感染源を取り除く=治療」に使用する器具が汚れていては意味がありません。
 当院では、根管治療に使用する器具は写真のように患者さんごとに滅菌処理をしております。特に、左の写真が示す「ファイル」という器具は、直接根管内に挿入されるものです。これが汚染されていては、治療によって感染源を除去しているのか、それとも新たに感染させているのかわかりません。滅菌した器具の使用は、質の高い根管治療にとっての大原則と言えます。

②感染源を歯の中に入れないこと

konpon3

歯の中の感染源を取り除くことが根管治療の目的であるにも関わらず治療中に感染源となり得るものが歯の中に入ってしまっているとしたらどうでしょう?
 歯垢(プラーク)はもちろんのこと、人の唾液中にも細菌は多く含まれます。唾液がジャブジャブ入ってしまうような環境下で、根管治療を行うことは「細菌を歯の内部に押し込んでいる」と言っても過言ではありません。それを防ぐために、当院では症例に応じて、根管治療の際にラバーダム防湿を行います。

左の写真のように、治療対象の歯のみがゴムシートの外側に露出するようにします。このラバーダム防湿によって

  • ・感染源となり得るものが治療対象の歯の内部に入りにくい
  • ・治療に使用する器具が口腔内に落下することを防ぐ
  • ・治療に使用する薬剤等が口腔内に漏れることを防ぐ
  • ・治療対象の歯がわかりやすい

こういったメリットが得られます。
しかし、誤解があるといけませんので、はっきりと記しますが

  • 「ラバーダム防湿をすれば、絶対に治せる」
  • 「ラバーダム防湿をしないと、根の治療は成功しない」

というわけでは決してありません。治療の結果全てを左右するものではありませんが、治療の質は間違いなく向上しますし、衛生的に治療が行えるのは事実です。

③治療の可視化

konpon4

根管治療は、歯の根の中が治療の対象です。上のイラストが示すように、歯の根は顎の骨の中に埋まっており歯冠部分(口腔内に露出している部分)と比較すると非常に見えづらい部分であることは一目瞭然です。

根管治療は、歯の根の内部の感染源を、ほぼ盲目的に機械的・化学的清掃によって除去する治療です。
 しかしながら、感染源を徹底的に除去するうえで、ほぼ盲目的であるというのは非常に不利な条件といえます。当院では、マイクロスコープを導入し、これを使用することによって本来であれば困難であった、根管内の観察を可能にしました。
「見えない治療」であった根管治療も、「見える治療」になったことで感染源の取り残しなどが減り、歯根破折などの診断もより正確に行えるようになりました。深津歯科の根管治療の質を高めてくれる、大きな戦力です。

konpon5

※マイクロスコープの使用は、根管治療を行ううえでプラスになることは確かです。
 しかし、「マイクロスコープを使用して治療すれば必ず治る」
「マイクロスコープが無ければ質の高い根管治療が行えない」というわけでは決してありません。
また、根管治療に際して常に使用しているわけではありません。

矯正歯科診療カレンダー

2017年 7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

休診日

診療時間

09:00 - 12:00
14:00 - 19:00
  • 休診日 : 木曜・日曜・祝日
  • ※受付時間:午前は11時30分 午後は18時30分
  • ※月に一度、日曜矯正も開催中
pagetop

© Fukatsu Clinic