今回は「歯科用マイクロスコープ」について知っていただければと思います。
当院では、ペントロン社製の歯科用マイクロスコープ『Bright Vision』を導入しています。マイクロスコープを使用して歯科治療を行う利点は、何といっても

「よく見えること」
これに尽きます。

最大約25倍の拡大倍率で対象を見ることが可能になるため精密な歯科治療が可能な環境を作り出すことができます。当院では主に

  • 根管治療(歯の根の治療)
  • 各種診断及び処置後の細かな確認

こういった際にマイクロスコープを使用しています。特に根管治療時には、見落としがちな根管(歯の根の入り口)の探索や、歯の根の亀裂の有無のチェック
に威力を発揮しています。術者としては、一度この「便利さ」を知ってしまうと、「マイクロスコープ無し」という環境だと不安を感じてしまう部分すらあります。

しかし、誤解を恐れずに言えば
マイクロスコープを使用しても、歯科治療の質が上がるとは断言できません。

あくまでも、マイクロスコープを使用することによって得られる利点は

「よく見えること」

であって、そこから先 手を動かし、処置をするのは あくまでも「人の手」であることに変わりはありません。ですから、治療の質を向上させるには「よく見える」ことによって得られたものを「活かせる技術と知識」が最重要なのです。

歯科医師として、皆様に質の高い歯科治療を提供できるよう最新の設備の強みを最大限活かせるよう、日々研鑽を積んでいこうと思います。